医療法人つくし会 南国病院

病院紹介診療案内

医師紹介医療設備の情報臨床研修体制病院からのお知らせ

在宅医療支援センター

通所リハビリテーション

精神科デイケア

広報求人情報

アクセスリンク

病院からのお知らせ

■入院患者様への面会の再開について

 

全国的に、新型コロナウイルス感染拡大に伴う緊急事態宣言が解除された事を受け、6月1日より条件付きではありますが、入院患者様への面会を再開する事といたします。

面会条件について

・同居家族様または、日常的に介護・看護にて患者様と関わりのある方に限らせて頂きます。
・面会前に当院受付にお声がけ頂き、検温等健康チェックを実施します。
・各病棟にて、名簿記載をお願いいたします。
・面会時にはマスクを着用し、手指消毒を行って頂きます。
・面会時間は15分以内とさせて頂きます。

ただし、以下に当てはまる場合は、面会をご遠慮頂きます。

▼風邪症状のある方
▼37.5℃以上の発熱がある方
▼強いだるさ(倦怠感)や息苦しさ(呼吸困難)がある方

面会を再開するにあたり、あわせて以下の制限についても解除いたします。
■入院患者様の衣類の洗濯・オムツ・その他のお見舞い品の持ち込みについて
・6月1日以降持ち込み可とします。
■訪問理美容について
・毎月第1・第3月曜及び火曜に実施します。

 

■外来診療における新型コロナウイルス感染症感染防止についてのお願い

 

以下のような症状のある方で、当院への受診を希望される患者様は、
来院前に必ず電話連絡(088-864-3137)をお願いいたします。

・風邪症状のある方
・発熱のある方
・強いだるさ(倦怠感)や息苦しさ(呼吸困難)がある方

また、以下のいずれかに該当する場合は、 新型コロナウイルス健康相談センターへご連絡下さい。

▼息苦しさ(呼吸困難)、強いだるさ(倦怠感)、高熱等の強い症状のいずれかがある場合
▼重症化しやすい方(高齢者、糖尿病・心不全・呼吸器疾患(COPD等)等の基礎疾患がある方、透析を受けている方、免疫抑制剤や抗がん剤等を用いている方)で、発熱や咳などの比較的軽い風邪の症状がある場合
▼上記以外の方で「発熱や咳など比較的軽い風邪の症状」が続く場合(症状が4日以上続く場合は必ず、「強い症状」と思う場合にはすぐに相談を。解熱剤などを飲み続けなければならない方も同様)

新型コロナウイルス健康相談センター
088−823−9300
受付時間:午前9時〜午後9時(平日、土日祝日)

また、来院の際にはマスクをご着用下さい。

 

■「もの忘れ専門外来」の開始について

 

5月8日より上村直人医師による「もの忘れ専門外来」を開始します。
診療日は、第2・第4金曜 午前9時〜12時です。
もの忘れは、誰しもが経験する日常生活の中の当たり前の行為と受け止められやすいため、症状がひどくなってから気づくことが多く見られます。
・同じ事ばかりを聞くようになった
・置き忘れやしまい忘れが頻繁になった
・家族の名前が思い出せない
・料理や買い物をしなくなった
・長年の趣味にも興味をしめさなくなった
などの症状がある時は、一度ご相談下さい。

 

■テレビ電話による面会の開始について

 

新型コロナウイルス感染症感染予防に伴う入館制限に、ご理解ご協力をいただき誠にありがとうございます。
当院では、タブレット端末を用いたテレビ電話による面会(当院受付⇔各病棟間)を開始いたしました。
ご利用を希望される方は当院受付にお声がけ下さい。
※多くの方にご利用いただけるように、1回の通話は、5〜10分程度でお願いいたします。
※時間帯によっては、ご利用までにお待たせする場合があります。

 

■入院基本料変更のお知らせ

 

2019年8月1日より、2病棟、3病棟の入院基本料を以下のように変更いたします。
2病棟→療養病棟入院料1(46床)
3病棟→特殊疾患病棟入院料1(56床)
引き続き、患者様にとってより良い医療環境の整備に努めてまいりますので、何卒ご理解とご了承をお願い申し上げます。

 

■「平成29年度病院年報」掲載について

 

平成29年度病院年報[13.9MB]

「平成29年度病院年報」掲載いたします。

 

■神経内科は診療科名を脳神経内科に変更します

 

神経内科は、診療科名を脳神経内科に変更します。
これは、脳神経内科という名称に変更することにより、脳・神経の疾患を内科的専門知識と技術を もって診療する診療科であることがわかりやすくするためです。
診療科名が変わっても、引き続き神経難病患者さんの専門医療を行っていく事に変わりはありませんので、 よろしくお願いいたします。

 

■「平成28年度病院年報」掲載について

 

平成28年度病院年報[22.1MB]

「平成28年度病院年報」掲載いたします。

 

■「平成27年度病院年報」掲載について

 

平成27年度病院年報[19.9MB]

「平成27年度病院年報」掲載いたします。

 

■「平成26年度病院年報」掲載について

 

平成26年度病院年報[26.5MB]

「平成26年度病院年報」掲載いたします。

 

■「平成25年度病院年報」掲載について

 

平成25年度病院年報[18.3MB]

「平成25年度病院年報」掲載いたします。

 

■医療費のクレジットカード支払いについて

 

当院では、医療費のお支払いにクレジットカードがご利用いただけます。
クレジットカードをご利用いただく場合は、会計時にお申し出ください。
(診療時間外のお支払時にはご利用いただけませんのでご注意ください。)
ご利用に際しまして、ご不明な点などございましたら、病院1階窓口へお問い合わせください。

 

■電子カルテシステム導入について

 

当院では、平成25年9月1日より電子カルテシステムを導入いたしました。
電子カルテとは、これまで紙に記載・保存してた診療記録を電子的に保存・管理するものです。
カルテを電子的に管理することにより、情報共有や伝達がスムーズになり、待ち時間軽減や医療の安全性の向上など、患者様へのサービスに繋がると考えております。

 

■ボツリヌス毒素治療のご案内

 

当院では顔面や頚部のジストニア(硬くて遅い不随意運動の総称で持続性の筋収縮により体のねじれやリズミカルな繰り返し運動、姿勢異常をきたす)に対してボツリヌス毒素治療を行っています。

 

対象となる方
  1. 眼瞼けいれん:両目の周りの筋肉が自分の意思と無関係にピクピク収縮し、まばたきが多くなったり目が開けにくくなる
  2. 片側顔面けいれん:自分の意思とは関係なく顔の片側の筋肉だけにけいれんが起きる
  3. 痙性斜頚:首や肩の筋肉が意思とは関係なく収縮し頭、首、肩などが不自然な姿勢を示す

 

持続的に収縮している筋肉にボツリヌス毒素を注射し筋肉を緩める事により上記の各症状を改善します。当てはまる症状でお悩みの方はお気軽に当院神経内科外来にご相談ください。

 

■心理面接のご案内

 

当院では精神科医と連携を取りながら臨床心理士が心理面接(カウンセリング)を行っています。外来診察では時間的余裕のない場合の詳細な心理状態の把握やご家族からの情報提供などに有用で精神科チーム医療を促進します。ゆっくりと時間をかけた面接を希望される方は一度ご相談ください。

 

■神経難病医療ネットワークとは

 

平成18年4月、国の政策医療として高知県が実施主体となり神経難病医療ネットワークというものができました。当院はこの難病医療ネットワークの基幹協力病院です。この事業は、高知県下のどの地域に神経難病の患者さんが発病し、在宅療養が困難になった場合でも、当ネットワークを利用することにより適切に在宅サービスや特に入院サービス(短期もしくは長期)が受けられるよう全県的な対応をするものです。まだ体制が出来たばかりですが、参加医療機関が増え、ネットワーク内の連携が充実すれば必ず神経難病患者さんの助けになるものと信じています。

詳しくはこちらのホームページまで

 

■嚥下造影検査とは

 

当院では、飲み込みの過程や状態を正確に評価するための嚥下造影検査を行っています。この検査では、バリウム剤を混ぜた食べ物を実際に食べていただき、顔の側面からX線を透過しビデオで記録します。また、評価だけでなくより安全な食べ方や飲み込み方の工夫などの治療的手技も行います。詳しくは当院神経内科外来か言語聴覚療法室にお問い合わせください。

 

Copyright(C) Nankoku Hospital. All rights reserved.